--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-17(Tue)

パニアケースの防水テスト

 アドベンチャーのパニアケースは水が浸入するという話がネットの複数の方から報告されているけれども、ディーラーに聞いたらそんな話は聞いていない、ネットの情報はあてにならないとか言っていたので、実際に自分で確かめてみようと。でもそのためにわざわざ雨の中走るのはいやなので、今回の超大型の台風4号の豪雨でテスト(キーロックして2日間もろに雨の当たる屋外に放置、ただし豪雨は数時間)。台風の豪雨というのは条件が厳しいように感じるかもしれないけど、普通の雨でも高速走行を想定するともっと厳しい条件になるような気もするので、特に厳しいということは無いと思う。
 で、結論。やっぱり水は浸入するのであった! 一部最近のものは改良されているということ情報もあるけど、まだ完全ではないみたい。以下その結果報告。


●左サイドケース
 ほぼ底面一杯に1~2mmくらいの水が溜まる感じ(左の写真)。侵入経路は最初は本体と蓋との間のような気がしていたけど(いかにも侵入しそうなんだよね、これが)、右の写真を見るとそうではなくて、どうもリベットのところから侵入しているみたい。

  パニアケース(左)  パニアケース(左)



●右サイドケース
 水の溜まり方は左サイドケースと同じ(わずかに少ない)。侵入経路も基本的には同じだけれども、それに加えて左であったマフラーのための逃げの部分がなくなっているため、そこからも進入している(一番右の写真)。これもやっぱりリベットのところからっぽい。しかし侵入経路はこちらのが多いのに、水の量が少なめなのは不思議。

  パニアケース(右)  パニアケース(右)  パニアケース(右)



●トップケース
 水の量はサイドに比べるとずっと少ないけど、やっぱり侵入はしている(一番左の写真)。侵入経路がリベットのところからというのも同じ。

  パニアケース(トップ)  パニアケース(トップ)  パニアケース(トップ)



●浸入した水の量
 浸入した水の量がわかるように乳酸飲料の容器に入れてみた。内容量は65ccということなので、だいたい目分量だけれども、左右は100cc強、トップは20ccくらいというところかな。(画像を拡大すると、容器内の水面がわかります。)

 パニアケース(左)に入った水の量 パニアケース(右)に入った水の量 パニアケース(トップ)に入った水の量
   左から順に、左サイドケース、右サイドケース、トップケース

●結論
・やっぱり水は浸入する。(ディーラーの言うのはあてにならない。でも考え方によっては、台風の豪雨の中、これしか侵入しなかったとも言える。)
・リベットのところを防水テープなどで内側からシームすれば防げるのではないのではと思われる。(あくまで推測)


ということで、そのうちなんらかの防水対策をやってまたテストしてみたいと思います。
------------------------------------------------------------------------
追記

 その後のツーリングで、高度の高いところ(1000m以上)でケースを開けて、下に降りてきて開けようとすると、ちょっとやそっとでは開かないことが判明。高地の気圧の低いところで開けてその低い気圧が維持された状態で、平地に降りてきて気圧が高くなったせいだと思う。
 ということで、これ以上密閉度を上げたら本当に開けられなくなってしまいそうなので、密閉度を上げるのはやめてそのまま使い続けることにします。現実的に台風のような大雨の中を何時間も走り続けることはまずあり得ないので、そうすると水が進入することはほとんど無いかなと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

初めまして。 アドベンチャーのバニア参考になりました。 予算の都合上、サイドは取り付けていませんが、悩んでいるところです。 シール方法のレポート楽しみにしています。 トップの漏れは今のところありません。 スロットルを戻した時のボコボコ言うバックファイアー?は小生も同じですが、未だに改善されていません。 ディーラ曰く最近のR12GS系は多いようです(本当かどうかわかりませんが?)。

純正パニアって、異様に高いですよね。私は逆に本体購入時でないと二度と買えないと思って、同時購入しました。防水はパテとシームテープを使えばどうにかなるんじゃないかなと思ってますが、具体的にはこれからです。
それとスロットルを戻したときのボコ音ですが、ディーラーの話ではアクセル開度と回転数によってコンピュータが実際に点火をカットすることもあるそうで、異常ではないそうです。とりあえずは心配ではなくなりましたが、そうは言われてもあまり気持ちのいいものじゃないですよね。

自分で対策するより、事実を持ってクレームするほうがいいような気が・・・・・。
値段が値段なバイクなだけに、クレームつけないともったいないような気がします。

たしかにそれもありですね。事前にネットで情報を知っていなかったらかなり文句を言っていたかと思うのですが、事前に知っているとやっぱりそうかという程度です。
プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
バイクが趣味です
☆実はダイビングも趣味です
離島も好きです
☆ブクログもやってます

  → ブクログ

カテゴリ
最新記事
日本の風景
(旅先で撮った写真があります)

然別湖 糠平湖 増毛 層雲峡 北竜町 御射鹿池 横浜港 東雲湖 上富良野 神威岬 大沼 朱鞠内湖 白ひげの滝 富良野 青い池 沼ッ原湿原 

最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
リンク

[管理画面]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。