--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-27(Tue)

2008GW南紀四国ツーリング 5/5(月) 一路帰宅

甲南PA-(新名神高速)-(東名阪自動車道)-(伊勢湾岸自動車道)-(東名高速)-厚木IC-自宅
■走行距離 383km

 朝5時起床、顔を洗ってコーヒーを飲んで眠気を覚まして、いざ出発。しようとしたけど、どうも天気がすっきりしなくて、天気予報を見たら雨に降られそう。空を見ても、前方は黒い雲に覆われていて、いかにも雨が降ってますという感じ。この前の経験からパンツはほとんど濡れないのはわかっているので、カッパの上だけを着てグローブを雨用に取り替えて、出発。やはりしばらくすると雨。そんな強い雨ではなかったけど、降ったりやんだり。
 しかしさすが、そこはAdventure。パンツはほとんど濡れない、ジャケットも肩口のところがちょっと濡れるだけでそれ以外はほとんど濡れない、グローブはまったく濡れない、シューズはちょっと足を後ろにずらせばまったく濡れない。要するに高速を走っている限り、ほとんど濡れずに走れるというのが証明されたということ。BMWは高速を走っている限り濡れないってどこかで聞いたことあるけど、本当だったんだ、すごい! さらにひたすら東を目指して走り続けたわけだけど、秀逸なシールドのおかげで風圧と対峙することもなく、変な巻き込みもほとんど無く、何時間乗り続けてもお尻が痛くなることもなく、全然疲れない(全然というのはウソだけど)。いやぁ、これがAdventureの真骨頂なんだろうなぁっていうのを実感。
 という一方、アクセル一捻りでグワッと出る加速が足りないので(シフトダウンすればいいだけなんだけど)、そこは不満気味。前に乗っていたV-maxと比べる方が悪いと言えばそれまでだけど、やっぱり比べちゃう。もっぱら淡々と走るだけで(これが駆け抜ける喜び?)、高速を走る楽しさはV-maxの方が上だなぁ、もっとも疲れ方は格段に違うけど。
 ということで、途中休息を取りながらも、昼過ぎには無事帰宅。長いようで終わってみれば短な10日間でした。この10日間で、それまで気がついていなかったAdventureの良いところ、悪いところ、よーくわかった気がします。



 以上、総走行距離 2703km

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
バイクが趣味です
☆実はダイビングも趣味です
離島も好きです
☆ブクログもやってます

  → ブクログ

カテゴリ
最新記事
日本の風景
(旅先で撮った写真があります)

然別湖 糠平湖 増毛 層雲峡 北竜町 御射鹿池 横浜港 東雲湖 上富良野 神威岬 大沼 朱鞠内湖 白ひげの滝 富良野 青い池 沼ッ原湿原 

最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
リンク

[管理画面]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。