--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-04-30(Wed)

2014GW南東北ツーリング 4/26(土) 滝桜・地蔵桜~仙台

 去年のGWはバイク仲間何人かと紀伊半島ツーリングに行ったけれど、今年はそういう話は出ないので4/27(日)にSUGOで開催されるYAMAHAの試乗会がてら東北ツーリングに行くことに。4-5日くらいのつもりでいたけれど、週間天気予報で4/29(火)-30(水)と雨が降るようなので、4/28(月)には帰ることにした。
 初日4/26は仙台までの移動だけのつもりでいたけれど、前の晩のTVで三春の滝桜がピークは過ぎたけれどもまだ見れるとか言ってたので、滝桜に寄って仙台に行くことにした。自宅を9時前に出発、首都高から常磐道入ってしばらくは連休初日ということもあり結構混んでいたけれども渋滞で止まってしまうようなことはなくそれなりのペースで走れたけれど、朝早く起きたせいか早くも眠気が襲ってきて谷田部東PAで休息。そうしたらスマホに今回自分も東北ツーリングに行くかもしれないと言っていたN氏よりこれから高速に乗るというメッセージが入っていたので、滝桜を見て仙台に向かうと返事。PAを後にして、常磐道から磐越道に入って小野ICで降りて下道を滝桜方面に向かった。
 途中地蔵桜という看板があったので、前知識は何も無かったけれどせっかくだからと思って立ち寄ったけれど、これがなかなかの桜。これほどの桜って実際見るの初めて。地蔵桜だけでなく少し歩くと他にもいろいろ花が咲いていてきれい。ぐるっと回ってそろそろ出発しようかとバイクに戻ったら、ちょうどそこにN氏が現れる。なんと驚き。滝桜に行くとは言っていたけれど、ここは滝桜ではないし時間も言ってなかったし。今度はN氏と改めて地蔵桜見物。
 地蔵桜の後は滝桜へ。こちらは全国的に有名なだけあって広い駐車場に大型バスも何台か止まっていて観光客も結構多くて、驚いたのは入場料300円が必要ということ。入場料を払わなくても滝桜は見えるのだけれど、せっかくだからと入ってたみたものの、もう花は半分以上散っていてきれいどはいまいち。枝ぶりはたしかに地蔵桜よりも立派だけれど今時点でのきれいさでは地蔵桜の方がぜんぜんきれいで、あとは枝を支える支柱がちょっと痛々しいような感じも。
 このへんは道を走っているとあちこちに桜が咲いていて、首都圏だったらすごく人が集まるようなきれいさだけれど、滝桜や地蔵桜以外はほとんど人もいなくて、今度はもう少し時間をかけていろいろな桜を見てもいいかもしれない。

地蔵桜 地蔵桜
        地蔵桜                    滝桜

地蔵桜の近くで 地蔵桜の近くで 滝桜の近くで

 N氏は今日はキャンプということなので滝桜近くでN氏とは別れて、給油して船引三春ICで磐越道に乗る。そのまま仙台に行くには多少余裕があったので、東北道二本松ICで降りてR459~R115を安達太良の山を見ながらのんびりと走って、福島西ICで東北道に乗って一気に仙台へ。土曜日ということもあって仙台市内に宿が取れず、実際泊まったのは大和IC降りて少し走ったところにあるビジネスホテル。朝早く起きて久々に500km以上走ったこともあって、夕食を取ったらそのままバタンキューなのでありました。


自宅-(常磐自動車道)-(いわきJCT)-(磐越自動車道)-小野IC-(R349)-(r65)-地蔵桜-(r65)-(r40)-滝桜-(r57)-(r40)-(R288)-船引三春IC-(郡山JCT)-(東北自動車道)-二本松IC-(R459)-(R115)-福島西IC-(東北自動車道)-大和IC-(r3)-(R4)-ホテル  (rは県道)
■走行距離 514km  ■仙台ビジネスホテル泊

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

古木のつっかえ棒は痛々しいですよね
何も底まで生かしてあげなくともいいのでは
っと思いますよ。
でも迫力の美しい見ごろを楽しまれ良かった
ですね
関西はもう、とっくに葉桜になってしまって
山々は新芽青葉がモクモクと山の色を変え
てきています。

No title

関東も葉桜ですが、東北はまだ見頃のものもありました。山に行けば雪も残っていて、季節感が違いますね。
プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
バイクが趣味です
☆実はダイビングも趣味です
離島も好きです
☆ブクログもやってます

  → ブクログ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
リンク

[管理画面]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。