--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-13(Tue)

2008GW南紀四国ツーリング 4/29(火) 南阿波サンライン~室戸岬

徳島-(R55)-(r287)-(r200)-蒲生田岬-(r200)-(R55)-(r147南阿波サンライン)-(R55)-室戸岬-(R55)-(r374)-高知-(R33)-(R194)-伊野   (rは県道)
■走行距離 284km  ■加田キャンプ場泊


 朝9時にホテルを出発。ここからは、Z氏,G氏とは別れてソロツーリングになる。徳島市内を走っているときに、阿波おどり会館なるものを発見。そう言えば阿波おどりと言えば徳島、徳島と言えば阿波踊り、一度見てみたいもんだ。 20080429_awaodori.jpg
 R55を南下して室戸岬に向かうが、R55をそのまま行くのもつまらなそうなので、阿南を抜けたところで四国最東端の蒲生田岬に立ち寄る。ツーリングマップルでは、灯台からの景色は素晴らしいとあるけど、う~ん、たいしたことないなぁ。 蒲生田岬

 蒲生田岬の次は、南阿波サンラインを走る。ここはなかなか良い景色で、かつ適度なコーナーの連続で車も少なく、走るのが非常に気持ちが良い。が、走りを楽しんでしまうと、きれいな景色がそのまま通り過ぎてしまうので、結局景色を楽しむことにしてゆっくりと走る。ちょっと残念だけど、まぁしょうがない。
南阿波サンライン 南阿波サンライン 南阿波サンライン


 南阿波サンラインを抜けてからはずっとR55で室戸岬へ。室戸岬はそこにお寺があるせいか、お遍路さんが結構たくさんいた。荒々しさはなく、穏やかな光景。
室戸岬 室戸岬灯台


 室戸岬のあとは、一路高知に向かう。ナビで到着予定時間を見ると17:40になっているので、ひたすら走るだけ。初めてのキャンプ場なので明るいうちに到着したいし、今回テントを新調したのでその意味でも明るいうちに着きたい。ということで、どこも寄り道はせずに一路高知へ。高知市内に入ったら結構渋滞がひどく、ナビを頼りに走っていく。こういうときはやっぱりナビがあると便利。
 キャンプ場に着いて、テント設営。ところがこれが甘かった。明るいときに設営したので、テントサイトに蛍光灯の街路灯が立っているのに気がつかずに、そこにテントを張ってしまったのだ。暗くなってみたら、しっかりと蛍光灯がついて明るくてランタンなんていらない状態。こりゃぁ無いよな、トイレと水場は明るい方がいいけど、テントサイトが明るいって言うのは勘弁してほしい。いったいここのキャンプ場を作っている人って、どういう神経してるんだぁ!  (翌日カヌーツアーのガイドMさんに聞いた話では、ここは役場がやっていてキャンプなんてやったことが無い人が運営していて、彼らとしては親切心からやっているらしいということでした。)




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
バイクが趣味です
☆実はダイビングも趣味です
離島も好きです
☆ブクログもやってます

  → ブクログ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
リンク

[管理画面]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。