--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-30(Sun)

GoProをバイクに取り付けてみました(テスト撮影)

 さてVMAXにどうやって取り付けるか? 撮影視界と振動を考えるとヘルメットに付けるのが良いかとは思うけれど、あのチョンマゲ姿はシャイな自分にはとてもできないデス。あと何気なく頭を動かしたら、カメラも動いてしまうし。ということで、いろいろ検討してみました。(下に載せているGoProの写真はリサイズ以外は一切レタッチやトリミングなど行なっていません。)


■ダミータンクの上
 普通のタンクならばここに付けられそうだけど、VMAXの場合、燃料計とか油温計、etcのインジケータがタンクの上に付いているので、付けられる位置がかなり限定されるっていうのがある。でもそれよりも今回改めて気がついたのは、タンク上部中央が普通ならば凸になっているはずなのに、VMAXの場合微妙に凹になっていて、接着式のマウントでは平面でも曲面でも付けられないということ。左右にオフセットさせてもなかなか微妙で難しい。サクションカップを使ったらどうなのだろうとも思うけど、買って試してみないことにはわからない。
 とりあえずガムテープでとめて(もちろんこれで走るわけないです)撮影してみたのが、下の写真。GoProはかなり広角なので、ということは近くのものは大きく、遠くは小さくなるので、手前にあるナビがすごく大きくて、景色は小さくなりすぎて、う~ん、これじゃぁねぇ。ナビをとりはずして、カメラの位置をもっと高くすると結構いい線いくかなという気はするけど、今回はそこまでは試せませんでした。

GOPROをダミータンク上に取り付ける
ダミータンクの上にとりあえずガムテープでとめてます

GoPro写真
GOPROをダミータンク上に取り付けた時の写真
手前にあるナビが大きく写りすぎてる


■サイドエアインテークの上
 VMAXが一目でVMAXってわかるのがこのサイドのエアインテーク。タンクの上は簡単には付けられなかったけれど、こちらは簡単に取り付けられる。実際に取り付けてみると、位置をちょっと工夫すればハンドルと干渉することもない。
 この写真が下の写真。思ったよりもバイクの写りこみは少なくて風景が大きく入るのはgoodだけど、写りこむバイクの部分がなんかいまいち。まぁVMAXのデザインだから仕方ないって言えば仕方ないんだけど、もう少し工夫したいなぁ。あとはカメラは水平に付けたつもりなのが、なんか傾いて写ってる。スマホでモニター画面を見た時はわからなかったけれど、これはちょっといけない。でもこれって取り付け位置はほとんど動かせないので、3方向ピボットアームと組み合わせせないといけないけど、そうすると今度はカメラ位置が高くなってハンドルと干渉するのではという気がするけど。。。。 それと気になるのは、実はこのエアインテーク部分、結構熱く(暖かく)なるのですよ、やけどするほどじゃなけど。そうすると熱で接着部がどうにかなって、走っているうちに取れてしまうってないんだろうか?

GOPROをサイドエアインテーク上に取り付ける
GOPROをサイドエアインテーク上に取り付ける
右側のサイドエアインテークの上の取り付けてみました

GoPro写真
GOPROをサイドエアインテーク上に取り付けた時の写真
見た目カメラは水平のはずなのに、なんか傾いてる


■ハンドル部分
 GoProにはハンドルパイプに取り付けるアクセサリがあるので、これを使えばハンドルへの取り付けが可能。と思ったけど、実はVMAXのハンドルってテーパーになってるのですよ。これだと取り付けにかなり工夫しないときちんと取り付けられないし、走っているうちに動きそう。あとはパイプ径だけ見るとミラーステーにも取り付けられそうだけど、なんとなく振動とか大きそうな気がする。やってみないとわからないけど。
 でそう言えば、ナビはRAMマウントを使って取り付けているので、これは使えなかと思って調べたら、しっかりあるじゃないですか、RAMマウントに取り付けるGoPro用のアダプターが(右の写真)。これを使えば、ナビをはずして代わりにGoProを使えるようになる。(ネジが普通のネジなので、ドライバが無いと締め付けができないのは大きな欠点。GoProを見習って欲しい。)
 でそれをやったのが下の写真。RAMマウント自体がすごくごついのでカメラとのバランスが悪いいけど、その分しっかりと取り付けられてる感はする。でも、GoPorの写真を見ると、メーターが大きく写りすぎ。やっぱりカメラとメーターの距離が近すぎるのでこうなってしまうのはわかるけど、う~ん、これじゃぁ。。。。
GOPRO用RAMマウントアダプタ
GOPROをナビ取り付け部に取り付ける
ナビを取り外してGoProを付けてみました

GoPro写真
GOPROをナビ取り付け部に付けた時の写真
手前にあるメーターが大きく写りすぎてる

 ということもあると思って、実はRAMマウントのアダプタを買う時に、一緒にダブルソケットプラスチックスイベルアームというものを買っておいたのですよ。エクステンションとして使えて、自由度も上がるというものです。
 これが下の写真。左側の上下の写真のようにカメラアングルの自由度が上がっていいかなと思ったけど、まぁそれでその下のアーム位置で撮ったのがその右の写真。メーターの大きさもこの程度ならばOKだし、そんな不自然な見え方もしてないから、こんなものかな。とりあえず走行動画撮影はこれでやることに決定。

GOPROをハンドル部に取り付ける
GOPROをハンドル部に取り付ける
エクステンションを使って位置を変えてみました

GoPro写真
エクステンションを使って取り付けた時の写真
まぁこんなものかなぁ。。。。


 今回いろいろ試してみて、自分の好みのアングルに仕上げるために、より具体的なことがわかってきました。
(1)ダミータンクの上
 カメラ位置をもう少し手前にしてかつ少し高くする。ナビを取り外す。ただしどうやって取り付けるか、サクションカップで取り付けられるかどうか、買って試してみないことにはわからない。
(2)サイドエアインテークの上
 傾かないようにする。ただし傾きをなくすのは簡単には行かない可能性あり。また熱の問題も気になるところ。
(3)ハンドル部分
 とりあえずは今回の最後にたどり着いたやり方で、あとはもう少しうまく工夫して良いアングルにならないかなと。



 最後に実際に取った動画を載せたいところですが、撮ったままでは数分間でも数百MB~1GB以上あるので、このまま載せるわけにはいかず、後日適当に短く編集して載せたいと思います。画質は前評判通り、素晴らしいです。
 あとはよくある低い位置からの撮影とか、後方撮影とかはまた後日ということで。



(GoProの日付設定を行なっていなかったので、Exifの撮影年月日がありえない日になってますが、実際の撮影日は今日です。GoProの取説、わかりにくい!)


------------------------------------------

2013/7/7掲載
 ようやくこの時に撮った動画をYouTubeにアップしました。撮影している時からカメラが結構振動でブレていたのですが、実際画像もブレています(フルスクリーンにするとよくわかります)。YouTubeにはブレを補正する機能があるようですが、生の画像にしたいため、この機能は使っていません。
 しかし上の最後の写真の状態から何も動かしていないのに、メーターがやたら大きく写ってる。こんなはずじゃなかったのに。写真の時は4:3だったのが動画になったら16:9になっているから、動画では実質上の方がカットされてるみたい。迂闊だった! まぁこれも経験ということで。



なお今回は1080p 30fpsで撮ってますが、YouTubeの初期状態では自動ということになっているので、実際の画質を確認するには1080p HDに設定して最大画面で見るのが実際のGoProの画質に近くなります。(GoPro HERO3では1080p 60fpとかさらには最高4kで撮れるのでもっと良い画質になりますが、そこまではやってません。)


スポンサーサイト
2013-06-20(Thu)

GoPro HERO3 購入

 最近注目を浴びてきているアクションカメラ(ウェアブルカメラ)を購入してしまいました。

 以前からこのジャンルの製品にはそれなりに興味はあったけれど、具体的な行動には結びつかずそのままだったのが、GWの紀伊半島ツーリングの帰りに立ち寄った新東名清水PAにあるクシタニショップ(クシタニパフォーマンスストア)で見たGoProのデモ映像があまりにも美しくて、それ以来ずっと気になる存在に。ダイビングでは写真だけではなく動画でも撮ってみたいという気持ちは以前からあったもののビデオ+ハウジングでざっと20万円くらいかかるので、これではとてもとても購入できない。あとはバイクツーリングでの動画撮影(あとインターバル撮影も)もやってみたいということもあり、目的はこの2つ。

 帰宅してから改めてネットで調べてみると、各メーカーから出ているアクションカメラとしては、GoPro HERO3,CONTOUR 2+,SONY HDR-AS15,JVC G-X1,Panasonic HX-A100あたりがある。ここからパナはダイビングでの使用は考えられていないようなのでボツ、JVCは画像があまり良くなさそうなのとバッテリ時速時間が短いことでボツ、SONYも画像的に足りない部分があってボツ。CONTOURはGPS内蔵なのでツーリング目的には非常に魅力的だけどちょっと大きいかなぁと最後までGoProかCONTOURか悩んでいた時、GoProが6月1日から円安のために値上げになることがわかって、これが5月最終週の話。う~ん、どうしよう? と思ったけど、結局画質と豊富なアクセサリ、プロの現場でも使われているGoPoroを選んで、5/31にヨドバシで購入してしまいました。

 購入したのは、GoPro HERO3 Black Edition Adventure。4kなんてとても自分にはオーバースペックだけど、下位のものにしてあとで不満が出てくるのもいやだし。とうことで、まずは購入時の写真です。



GoPro HERO3
GoProの梱包は展示状態のようになってます
GoPro HERO3
大きさがわかるようにマッチ棒を置いてみました

GoPro HERO3
カメラ本体、いかに小さいかわかります


プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
バイクが趣味です
☆実はダイビングも趣味です
離島も好きです
☆ブクログもやってます

  → ブクログ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
リンク

[管理画面]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。