--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-08(Mon)

NEW V-MAX試乗会 @FSW

 6/6(土)に富士サーキットウェイで行われたNEW V-MAXの試乗会に行ってきました。事前にNEW V-MAX取り扱い店で申し込んで人数が多い場合は抽選とやらで、幸か不幸か抽選に当たってしまったので、朝家を出るときは雨模様でどうしようかと思ったけれど、せっかくなので車で出発。FISCOに着く頃には雨もやんで、自分が試乗の頃には路面も乾いて太陽も出てきてだんだんとなかなか良い感じ。試乗はショートコースを先導車について3周。 FSW VMAX試乗会

 一番気になっている加速感については、先代よりもかなり速いのは間違いなく、でも先代のような恐怖感もなく、雑誌に書いてある通り安心してフル加速できる感じ(実際にはフル加速なんてできなかったけど)。とにかく車体強度が先代よりもはるかにアップしているのはよくわかる。怒濤の加速感、やっぱりその通り。ただ逆に加速「感」という意味では先代の方がすごかったかも(Vブーストのきいているところ)。
 それとトップでゆっくり流したときと、そこからの加速。一般道を走っているときはトップで50~60km/hくらいで流すことが多く、その領域が楽しいか、苦痛かというのは非常に大きい。まぁ先代のV-maxの血を引いているはずなので、そこの領域も快適なはずなんだけど、やっぱり実際快適。さらにそこからのトップでの加速もそれなりで、シフトダウンしなくてもそのまま行ける。今のADVではこの領域が苦痛、とまでは言わないまでもまったく楽しくないからなぁ。
 コーナーもなかなか軽くて、先代のように力でブン回す感じじゃなくて、スマートに旋回していく感じ。ただADVのようなヒラヒラ感までは感じられず。
 あとは先代の弱点のブレーキ、旧V-maxからADVに乗り換えてブレーキがなんて秀逸なんだろうと思ったけど、NEW V-MAXもそれと同じくらいにすばらしいブレーキ。これも賞賛に値する。
 とまぁ乗った感じは最高なのだけれど。。。。 ロングツーリング指向の自分としては、やっぱり気になるところが。。。。

 まずは積載性。とにかく荷物を積みにくい。小さなリアシートでロープをかけるところが無い。改めてじっくりと見てどうにか工夫して荷物満載にできないかどうか頭を悩ませたけれども、どう見ても荷物は最小限しか積めそうになく、ツーリングにはまったく向いてない。積載性が悪いので有名だったMT-01よりもさらに悪い。社外品で何か出てくれないと、とてもキャンプツーリング、ロングツーリングは無理そう。ヤマハさん、デザイン最優先というのはわかるけど、積載性も考えてくれ。
 それとタンクの小ささ。15Lしかなく、先代V-maxと同じ。燃費15km/Lで計算すると225kmだけど、現実を考えると150kmくらいで給油しなくちゃだめだろうし、北海道のようなGS密度の少ないところではそれこそ100km以下で入れなくちゃ入れないケースもあると思う。それと高速道路。東北自動車道とか中国自動車道では夜間は100km以上給油できないところがあるから、常にガソリンを気にしながら走らなくちゃいけない。まぁ先代V-maxも同じだから、許容レベルと言えば許容レベルではあるのだけど。
 あとは乗っているときは気がつかなかったんだけれど、止まっている状態で改めて跨ってステップに足を乗せると、なんと膝がエアインテークカバーにぶつかるじゃないか。結構気になる(今回つい靴底が厚いのをはいていってしまったのでそのせいかもしれない)。長時間乗ったとき、もしかしたら気になるどころか痛みさえ感じるようになるかもしれないし。去年MT-01に乗ったとき、ちょっと乗っただけではわからなかった膝の曲がりが、長時間乗るとだんだん痛くなって我慢の範囲を超えたということもあるので、実際のところは長時間乗らないとわからない。



(試乗インプレについては、ショートコースたった3周なので、もっと乗れば印象も違ってくるかもしれないし、また街乗りとか峠とかでも違った印象になるかもしれないので、読む人はそれも考慮に入れて読んでくだされ。)




スポンサーサイト
プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
バイクが趣味です
☆実はダイビングも趣味です
離島も好きです
☆ブクログもやってます

  → ブクログ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
リンク

[管理画面]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。