2014-09-28(Sun)

北海道カヌーキャンプ旅行 8/8(金) 積丹半島

 カヌーキャンプと言いながら、キャンプはしているけれどいまだにカヌーは車に積みっぱなしで一度も下ろすことなく、今日も軟弱に一般観光なのであります。大沼を後にして、道央自動車道で長万部まで、そこから黒松内経由で日本海に抜け、雷電海岸とかを通って海沿いに北上、岩内から積丹半島西海岸で神威岬へ。時間に余裕があれば島牧とかも行きたかったのだけれど、今回の日程では残念ながら無理。
 右の写真、これ見るとあー積丹に来たんだーっていう気になるね。しかし昔はこの道、この先で切れてたんだよね。(何十年前の話だ!)
神恵内
神恵内のあたり


神威岬 神威岬
お約束の神威岬。誰が撮っても同じ写真が撮れます。


神威岬 神威岬から見た神恵内方面
 この海岸線をずっと走ってきました。

神威岬 神威岬から見た積丹岬方面
 ここってシーカヤックってすごく絵になるし、来るたびに漕ぎたいなーと思っていて、今日はやろうと思えばできるんだけど、実は今日はキャンプではなく宿を取っていて時間がないのでできないのです。(;_;) また次の機会に。(いつになるやら)

神威岬  何のことはない、上の写真の遠くの方をアップにしただけなんだけど、右側にある穴のようなもの、実はこれがトンネルなんです。その名も念仏トンネル。昔は今のような先端まで行く道が無かったので(そもそも今の大きな駐車場もなければ、駐車場に至る道も無かった)、海岸線を歩いてこの念仏トンネルを通って、急な坂を登って先端まで歩いて行ったのですよ。もうはっきりは覚えていないけど、2時間くらいかかったような気がする。(何十年前の話だ! 2回目)
 この念仏トンネル、向こう側とつながっているのだけれども、中が直角に2回曲がっているので、そこのところは完璧に真っ暗。ライトが無かったら手探りで壁伝いに行くしかない。でそれをツアーでやってたのが、当時の美国YHだったのですよ。もちろんライト無しで。男女でグループになっていくと、この念仏トンネルの中ではなぜか手をつなぐとこになるんですね、ははは。(何十年前の話だ! 3回目)
神威岬

積丹岬 女郎子岩
積丹岬と女郎子岩
 大学4年に行った時以来の積丹岬と女郎子岩。懐かしいなぁ。今回は時間が無かったので積丹岬の上の方までは行ってないけれど、大学の時そこまで行ったら女郎子岩がすぐ目の前にどーんとあって、でも真下はすごい崖になっていてすごい良かったのだけどちょっと怖かったというのも今は懐かしい思い出。


 実は今回基本はキャンプなのだけれども2泊だけ宿を予約していて、そのうちの最初の宿がここ。正直料金を考えると結構つらいのだけれど、実はこの宿、かつての美国YHなのですよ。大学時代にここに泊まって知り合った仲間とは今でも交友があって時々飲みに行ったりしてるし。ということでかつての美国YHがどうなっているかという思いもあり、ここに泊まりました。翌日朝にはかあさん(←当時のペアレントで、皆を仕切っていて皆に慕われてました)も部屋にやってきてくれて、昔話に花を咲かせました。相変わらず、かあさんパワー全開でした。
 料理は部屋に持ってきてくれて、写真のように非常に豪華で美味しかったです(上の3枚が夕食)。また泊まりたいです、今度は美国YH仲間と。
お宿かさい夕食のお品書き お宿かさい夕食 お宿かさい夕食

お宿かさい朝食 朝食


プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
バイクが趣味です
☆実はダイビングも趣味です
離島も好きです
☆ブクログもやってます

  → ブクログ

カテゴリ
最新記事
日本の風景
(旅先で撮った写真があります)

然別湖 糠平湖 増毛 層雲峡 北竜町 御射鹿池 横浜港 東雲湖 上富良野 神威岬 大沼 朱鞠内湖 白ひげの滝 富良野 青い池 沼ッ原湿原 

最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
リンク

[管理画面]