--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-11-24(Thu)

トライアンフ ボンネビルT100/T120試乗

 今年の新モデル、トライアンフのボンネビルT100とT120に試乗してきました。レビューというほどではないですが、一般ライダーの印象として参考になるかなということで書いておきます。旧型も含めてボンネビルに乗るのは初めてで、特にボンネビルに詳しい知識があるわけではないので、その点は差し引いて読んで下さい。(写真は撮り忘れました m(_ _)m)

 最初に試乗したのはT100の方。細かく見ていくといろいろ違いはあるだろうけど(わかりやすいのはフロントブレーキがシングルかダブルかとか)、ぱっと見た目はタンクのデザインが違うだけでT120とほとんど同じ。またがった時の大きさはW800よりは大きく感じるものの、900ccとしては結構コンパクトな方で、これならば女性でも無理なく乗れるのではないかなという感じです。乗車姿勢としては、完全に直立というわけではなく、わずかに前傾になるので、人によってはもう少しハンドルが近いほうがいいと感じる人もいるかも。エンジンをかけるといかにもバーチカルツインの音で、アクセルを開けるとそれなりに元気な音になります。いいですねー、この音。

 試乗したお店はトライアンフ横浜北ですが、このお店の良いところは先導車無しでフリーで乗らせてくれて、しかも第三京浜に乗っても良いとのこと。一般道を先導車の後を付いて走るだけでは、なかなかわからないところが大きいですからね。お店としてはそれなりのリスクがあるでしょうけど、非常にありがたい話です。

 走り出すと高トルク型と言っているだけあって、中低回転で街中を走る分にはリッターバイクと遜色ない加速かなという感じで、ハンドルも軽く結構クイックな走りができます(乗ったことはないけどストリートツインはもっとそうなんですよね)。試乗コース途中に緩いカーブが少し続くところがあって期待していたものの残念ながら車が多くてだめでしたが、峠とかすごく楽しいのではないかとい気がします。車の後ろを40-50km/hで走っていてもストレスがたまらないのはいいです。以前BMWのR1200GSに乗っているときは60km/h以下ではストレスが溜まって街乗りは全然楽しくなかったですから。それと後ろに車がいないことを確認して急ブレーキかけてみましたが、しっかりと不安なく止まれました。
 一般道では特に不満も無かったのですが、第三京浜の合流で一気に加速した時には100km/hくらいまでは一気に行くものの、それ以上は力強さはなくなってただ伸びていく感じで、そこが900cc高トルク型の限界というところなのでしょう。

 次がT120です。大きさや乗車姿勢、排気音などはT120とほとんど変わらないという感じで、一般道ではT100よりも安定した感じで(クイックさが影を潜めた)、ロングツーリングのときなどはこちらの方が疲れなさそうです。車重が11kgほど重くなっているのがきいているのか。でもふだんVMAX(車重310kg)に乗っている自分にはどちらも十分軽いなーという感じで、誤差のうちかな。第三京浜で合流する時や走行車線での加速はやはり300ccの差は大きく、一般道ではT100とT120で大きな差は感じられなかったものが、高速では明らかにT120の方が勝っています(当たり前ですが)。T100では高速ではストレスを感じそうですが、T120ならばそんなことは無さそうです。
 ひとつ気になったのは、2回ほど発進時に一瞬ストールしそうになったこと(T100ではそんなことなかった)。ごく低回転では意外とトルクが薄いのかもしれないです。まぁ慣れてしまえばどうということはないのだと思いますが。もう一つ、T120って(T100もですが)ホイールもスポークもなんとクロムメッキされていてピカピカ光っているのだけれど(自分はあまりこういうのは趣味じゃない)、スポークの付け根のところに茶色い錆が出ていたということ。半年くらいしかたっていないはずなんだけど、ちょっとこれは無いかなと。ちゃんと手入れしていれば大丈夫なのかなーとは思うものの、錆びやすいということには変わりないんでしょうね。

 ということで、結論としては街中での走りや峠を楽しむならばT100、高速を使ったロングツーリングにはT120という選択になります。自分の使い方からするとT120かな。あとVMAXと比べても、超高速域とかロケット加速をするのでなければ、加速にまったく不満は感じなかったというのはちょっと予想外でした。街中とか峠だったら、VMAXよりもT100/T120の方が楽しくて速いかも。

 ところでバーチカルツインと言えば、W800が今年のモデルで最後。W800とボンネビルで迷う人もいると思うけど、単純に早い遅いを抜きにしても乗った時の楽しさではボンネビルの方が上で全然比較にならないですね。でも昔W1SAに乗っていた自分としては、デザイン的にはW800の方が好きで、お金とスペースに余裕があるならばW800を買ってイナドメでW1orW3レプリカにしたものを所有したいなーっていう希望もあるんですよね。まぁ夢でしかないんだけど。


スポンサーサイト
2016-11-03(Thu)

W1ミーティング 2016-10-16(日)

 バイク仲間のZ氏がW3を購入して、W1ミーティングに誘われたので一緒に行ってきました。大学時代W1SAに乗っていた自分の中ではやはりW1/W3には特別な思い入れがあって、以前から一度行ってみたいなーと思っていたので、非常に良かったです。行ってみるまではW650とかW800もそれなりの割合いるのではないか、W650/W800でイナドメ仕様とかタンク塗装したのとかいるのではと思ってましたが、ほとんど9割以上本物のW1/W3でした。W650/W800だとちょっと肩身が狭いかもです。トライアンフも気が付いた範囲では1台しかいませんでした。いやー、すごいですねー、皆さん。

W1Meeting
Z氏のW3

W1Meeting

W1Meeting


 途中Z氏のW3を借りて少し乗ったのだけれど、あれっ、こんな感じ? と自分の記憶に残っていたWと全然違うのでびっくり。昔はもっと荒々しくて、それこそ乱暴にアクセル開けたらタンデムシートの人が落ちてしまうんじゃないかという記憶があるのだけれど、そこまでの荒々しさは無くて、人の記憶はあてにならないものかなーという気になったしまったです。W1SAは250ccからの乗り換えだったけど、その後何台かの大型バイクを乗り継いできたので、もう昔とは感覚が違っているのかも。ブレーキもきかないし、今どきのバイクしか知らない人にはなかなかつらいかもです。


 帰りは真鶴によって遅い昼食をとってから帰りました。こんなの出たら飲みたくなっちゃいます。(写っている瓶はノンアルコールビールです)
W1Meeting



 
2016-09-11(Sun)

御射鹿池ツーリング 9/10(土)

バイクツーリング雑誌 MOTOツーリングに載っていた御射鹿池、今まで名前さえも知らなかったのですが、写真を見たところなかなか良さそうだったので、どんなところかと思って行ってきました。たまたま天気が良くてほとんど風が吹いていなかったという好条件に恵まれたこともあって、なかなか良かったです。

御射鹿池
御射鹿池
御射鹿池 御射鹿池


実は今回のツーリング、今年初めてのツーリング。実家のいろいろやら自分自身の体調がすぐれなかったりで、まったくバイクに乗ることができず、ようやくのツーリング。やっぱりオートバイはいいなぁ。

行くときに平沢峠にも立ち寄ったのだけれど、きれいな駐車場に車がたくさん止まっていて、大型バスもいて、予想していたのとあまりにも違い、かなりがっかり。ただ人そのものはそれほどいなかったので、皆ハイカーなのかも。

帰りはいつもならばすぐに高速に乗ってしまうところ、八ヶ岳山麓を走る下道(県道17号)が車も少なくいいペースで気持ちよく走れたので結局韮崎まで下道で行ってしまった。もっとも途中からは暗くなってきてもう少し早く高速に乗ってもよかったのだけれど。


自宅-厚木IC-(東名高速)-五反田IC-(R138)-(須走)-(東富士五湖道路)-(中央高速)-小淵沢IC-(r11/八ヶ岳高原道路)-(清里)-(R141)-平沢峠-(R141)-(r127)-松原湖-(r127)-(r480)-(R299)-(麦草峠)-(R299)-(r191)-御射鹿池-(r191)-(r17)-(r27)-韮崎IC-(中央高速)-(八王子JCT)-(圏央道)-厚木IC-自宅   (rは県道)
■走行距離:520km

2016-07-09(Sat)

Windows 10へアップデート

 我が家のPC、ずっとWin7で使い続けようと思っていましたが、Win7のサポートが2020年までというのでそれ以降まで使う可能性を考え、ついにWin10にアップグレードしました。PCは2011年メーカーのディスプレイ一体型のデスクトップPCでMicrosoftのWin10アップグレード基準はOKですが、メーカーとしては対象外です。
 メーカーとしてアップグレード対象外というのはプレインストールソフトが対応していないものと判断、特に困るわけではないですが、一番の懸念事項はプリンタが2003年製のものでWind10用のドライバが供給されていないので、動かなくなる可能性が高いということと。次はXAMPPを使ってPHP開発環境を構築していたのですが、これがが動かなくなるかもしれないということが気になるところでした。

 で、実際にアップグレードしました。まったく予想していなかったことも起きましたので、皆様の参考になればと思い、トラブル項目と対応方法を簡単に書いておきます。なお細かな動作までは行っていないので、この先まだ出てくる可能性はあります。

(1)ダウンロードが12時間以上たっても終わらない。
 →Windows Updateで見たらそもそもダウンロード開始していなかった。開始ボタンを押したら、1時間ほどでDL完了。

(2)マウス(PCに付属していた純正品)が使えなくなった。
 →以前からちょっと使いにくいところがあったので、これを機に新しいマウスに買い替えた。

(3)純正キーボードが一部のキーが壊れて使えなくなっていたため、バッファロー製の無線式外付けキーボードを使っているが、Windowsログイン時にパスワードを入れてもエラーになってしまう。一度ログインしてしまえば、普通に使える(ログインには純正キーボードを使用)。
 →新しく外付けキーボードを購入した。

(4)画面が最大輝度になっていてまぶしすぎる。電源オプションで画面の明るさを自動調整にしてもダメ。
 →純正キーボードから輝度を下げた。

(5)スリープ時、マウスを動かすとスリープ解除されてしまうようになった
 →デバイスマネージャのマウスの電源管理で、スリープ時解除のチェックを外した。

(6)ウィルスソフトのアイコンが無くなってしまった。
 →メーカーサイトを見ると、この現象が出ていることの説明があり、対応方法が記載されていたのでそれに従って対策した。(一度アンインストールして再インストール)

(7)プレインストールソフトが3つ使えなくなった。
 →使っていなかったので特に問題なし。

(8)ローカルでPHPが動かなくなった。(apacheが立ち上がらない)
 →当面使う予定はないので、必要性が生じたらその時に対応する。

(9)PDFファイルがEdgeで開くようになった。
 →Acrobatに変更した。

(10)エディタが保存時バックアップがされない設定になってしまっていた。
 →バックアップするように設定しなおした。



 (10)のようにソフトは動くけれども設定が変わってしまったというような現象も出ているので、いろいろ使っていくと細かなところではまだまだ出てきそうです。一方一番心配していたプリンタは、予想に反して何もしなくてもこれまで通り使うことができました(後でネットで調べたらどうにか対応は可能なようでした)。
 起動時間、レスポンスや安定性にも問題なく、トータルではだいたい満足というところで、1か月以内ならばWindows7に戻せますが、今のところはこのままWindows10を使っていこうと思っています。


2015-03-23(Mon)

nuvi 3595 レビュー (5) ガイドブック

 ホーム画面右上の四角のアイコンをタップしてガーミンアプリを表示させると下のような画面になりますが、ここにある「ガイドブック」がまっぷる観光ガイドの入っているアプリです。

nuvi3595 ガイドブック

 「ガイドブック」アイコンをタップすると、下のようなガイドブックを分類した画面が現れます。ここから自分の見たいところをタップすると、ガイドブックのアイコンが現れます。

nuvi3595 ガイドブック

 試しに「北海道東北」をタップしてみると下のようなガイドブックのアイコンが並んだ画面が現れます。(「秋田県」「青森県」「福島県」が一番上に出てくるので、下の画面は正確には一度スクロールしてます。)

nuvi3595 ガイドブック

 ここから、「北海道」のアイコンをタップして、「見る」→「湖沼」と辿って行くと湖沼の一覧が表示されるので、何回かスクロールして「神の子池」をタップしたのが下の画面です。

nuvi3595 ガイドブック(神の子池)

 写真と簡単な説明があって、この画面では見えないですが、下にスクロールするとこの他に営業時間(営業期間)、駐車場情報、交通(最寄り駅からのアクセス)もあります。画面右にある「ルート」アイコンをタップすると、地図上で現在地から目的地までのルートが表示されます。「i」アイコンをタップすると、地図と目的地までの時間と距離が表示されますが、「ecoRoute」アプリで燃費とガソリン価格を設定しておくと、さらに燃料費も表示されます。ツーリングでガソリン代はかなり大きな部分を占めているので、これは大体の目安になって便利かも。あと「出発」をタップすると、ナビゲーションが始まります。



 どのようなガイドブックがあって、その中にどういうものがあるかを書き出したのが下の表です。水色またはピンクの枠がガイドブックのアイコンになっています。(しかしこの県の並び順って何なんでしょう? 北海道東北では北海道が一番最初に、九州沖縄では沖縄が最後に出てくるのが当然だと思うけどそうなっていないし、それ以外でも北から順とか地域ごとにまとまっているということはなく、まったくランダムとしか思えない順番。五十音順かと言うとそうでもないし、こいつ何も考えていないんじゃないかと思ってしまうです。)
分類
ガイドブック (表示順)
グループ
北海道
東北
 秋田県 青森県 福島県
 北海道 岩手県 宮城県
 山形県
見る、遊ぶ、食べる、泊まる、買う、温泉・風呂
関東
 千葉県 群馬県 茨城県
 神奈川県 埼玉県 栃木県
 東京都
中部
 愛知県 福井県 岐阜県
 石川県 長野県 新潟県
 新潟県 静岡県 富山県
 山梨県
近畿
 兵庫県 京都府 三重県
 奈良県 大阪府 滋賀県
 和歌山県
中国
四国
 愛媛県 広島県 香川県
 高知県 岡山県 島根県
 徳島県 鳥取県 山口県
九州
沖縄
 福岡県 鹿児島県 熊本県
 宮崎県 長崎県 大分県
 沖縄県 佐賀県
自然
紅葉狩り
東北の紅葉名所、日光・那須の紅葉名所、東京の紅葉名所、京都・奈良の紅葉名所
キャンプの楽しみ
キャンプの楽しみ、キャンプ場・野営場、オートキャンプ場
崎・岬、海水浴場、潮干狩り、ダイビング、海・海岸・浜、ホエールウォッチング
農園牧場
観光農園・農場、観光牧場、園芸・ガーデニング
お花見
日本三大桜・桜名所、桜の名所、梅の名所、その他花の名所
湖沼湿原
日本三大湖、湿原の名所、湖・沼・池の名所、ダム湖・人造湖
山・高原
日本百名山、高原の名所
川・滝・名水
滝百選、名水百選
歩く楽しみ
遊歩道、並木の道、ハイキングコース、自然歩道・ふれあいの道
グルメ
和菓子
甘味処、和菓子の名店
ラーメン
全国のラーメンの名店、札幌ラーメンの専門店、博多ラーメンの専門店、喜多方ラーメンの専門店
海の幸
海鮮料理、鮮魚販売店、海産物販売店、魚市場の名所
お寿司
寿司の名店、回転寿司、出前・持ち帰り寿司
ウェスタン料理
イタリア料理、フランス料理、スペイン料理、アメリカ料理、ブラジル、メキシコ、ドイツ、ハワイ、その他ウェスタン料理
焼肉に大満足
全国焼肉の名店、松阪牛の名店、神戸牛の名店、近江牛の名店
行楽
遊園地・テーマパーク
遊園地、テーマパーク、ゲームセンター、スポーツランド
親子で気軽にお出かけ
動物園に行こう、植物園に行こう、水族館に行こう、科学館に行こう、天文台に行こう
温泉
全国の温泉地、日帰り入浴専用施設、宿等の外来入浴、共同湯、スーパー銭湯、クアハウス、健康ランド、その他温泉スポット
スキー
全国のスキー場、スキーリゾート、人工スキー場
博物館・美術館
全国の博物館、全国の美術館、資料館・展示館、名人・地方記念館
夜遊びスポット
バー・パブ、ライブハウス、夜景スポット、その他夜遊びスポット
神社・寺院巡り
本の寺の三大、日本の神社の三大、全国の寺院、全国の神社・神宮
日本世界遺産
文化遺産、自然遺産
その他
空港アクセス情報
成田国際空港、関西国際空港、大阪国際空港、中部国際空港、羽田国際空港

 目的地検索のカテゴリー検索の分類に比べるとかなりまともですが、でも中を見ていくと結構マイナーな所が載っているかと思えば(1)、逆に有名なのに載っていないところもあったり(2)、あるいはちょっとそれはおかしいんじゃないっていうのあったりしますが(3)、これってまっぷるガイドの問題ですね。
(1)「海」-「崎・岬」-「北海道・東北」にプユニ岬とか涙岬が載っていたり。
(2)「海」-「崎・岬」-「北海道・東北」に積丹岬が載っていなかったり、「紅葉狩り」-「日光・那須の紅葉名所」に塩原とか日塩もみじラインが載っていなかったり。
(3)「紅葉狩り」に中部地方や近畿以西がまったく載っていなかったり、「紅葉狩り」-「日光・那須の紅葉名所」に鎌倉とか箱根が載っていたり。
(ちょっと見てこれなので、細かく見ていけばボロボロ出てくるのではという気がします。)





nuvi3595 レビュー (1) 全体概要
nuvi3595 レビュー (2) 目的地検索
nuvi3595 レビュー (3) 地図、ナビゲーション
nuvi3595 レビュー (4) Android機としての活用
nuvi3595 レビュー (5) ガイドブック



プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
バイクが趣味です
☆実はダイビングも趣味です
離島も好きです
☆ブクログもやってます

  → ブクログ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
リンク

[管理画面]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。